高血圧 症状

高血圧の症状はどんなもの?合併症はなにがそんなに危険なの?

高血圧 症状 画像

高血圧とは日本高血圧学会が定めた収縮期血圧が
140mmHG以上、拡張期血圧が90mmHG以上
状態を指します。

 

収縮期血圧とはいわゆる、上の血圧で、
拡張期血圧とはいわゆる、下の血圧のことです。

 

理想とされる血圧の数値は上が120mmHG、
下が80mmHG
です。

 

 

二種類の高血圧

 

高血圧と一言で言っても、実は二種類あるのをご存知でしたか?

 

「二次性高血圧」と「本能性高血圧」とに分けられて、
それぞれ原因が違ってきます。

 

二次高血圧症は、脳腫瘍や脳血管障害など病気が原因で起こるもので、
またの名を、続発性高血圧とも言います。

 

妊娠中毒症や動脈が起因する先天性疾患の場合でも
二次高血圧症となります。

 

 

本能性高血圧は、原因がわからない高血圧のことを指し、
高血圧の9割の方が本能性高血圧だと考えられています。

 

明確な原因がわからない高血圧ですが、
乱れた食生活や運動不足、過度なストレスなどが要因とも言われ、
その関係性は深いのではないでしょうか。

 

 

自覚症状がない高血圧の怖さ

 

高血圧には痛みや痒みなどの自覚症状は感じられません。

 

また、健康診断で高血圧と言われても、
特に身体の不調がないため放置してしまう人も少なくないそうです。

 

ですが、血圧が高いということは体内の血液循環が
悪くなっているということです。

 

頭痛やめまい、肩こりや耳鳴りがすると言う方は
もしかしたら血圧が高いことが原因かもしれません。

 

一見、関係がないと思われがちですが、
血管に負担がかかり続けると思わぬ症状が表れることがあります。

 

自覚症状がない高血圧を放置しないためにも、
こまめに血圧を測ったり、生活習慣を見直したりなど
自分自身で管理することが大切です。

 

 

高血圧は静かなる殺し屋(サイレントキラー)

 

上でも述べたように、高血圧に自覚症状はありません。
ですが、放置し続けると命の危険性のある症状を引き起こし、
突然命を奪われてしまうこともあります。

 

高血圧の恐ろしいところは重大な合併症を引き起こすことです。

 

血圧が高いままだと血管に負担がかかり、血管が硬くなります。
すると、動脈硬化が起こり、心筋梗塞などが引き起こってしまいます。

 

自覚はなくても、ある日突然命に関わる症状が起こり得る高血圧は、
静かなる殺し屋(サイレントキラー)とも呼ばれているのです。

 

 

危険性のある合併症

 

脳に影響のある合併症

 

血圧が高い状態が続くと、次第に血管が硬くなります。
これが原因で脳卒中が引き起こる危険性があります。

 

脳出血、くも膜下出血、一過性脳虚血発作、脳梗塞の4つが
脳卒中に含まれます。

 

どれも名前を聞いたことのある症状ではありませんか?
そして、どれも突然命を奪う可能性のある危険なものです。

 

 

心臓に影響のある合併症

 

高血圧は心臓へも重大な影響を与えます。

 

血圧が高い状態が続くと、心臓が大きくなる心肥大になります。
心臓は血液を全身にめぐらせるポンプのような役割がありますが、
心肥大になるとポンプの機能が弱くなってしまいます。

 

これが心不全の原因の一つと言われています。

 

さらに血管が硬くなる動脈硬化が起こると、
狭心症や心筋梗塞になる危険性もあるのです。

 

 

眼に影響のある合併症

 

高血圧で硬くなる血管は網膜にもあります。
網膜の血管が硬くなると、視力への障害や眼底出血を起こします。
最悪のケースだと失明もあり得える非常に危険な疾患です。

 

 

腎臓に影響のある合併症

 

腎臓も血管が硬くなると腎不全の原因になり、
肝臓の場合は肝機能が低下してしまいます。

 

腎臓が硬くなると心不全の原因にもなってしまいます。

 

関連ページ

高血圧とはどのような病気なの?なにが原因になってしまうの?
生活習慣病として挙げられる高血圧。そもそもなぜ血圧が高くなるのでしょうか?普段の生活の中にある原因をご紹介します。
血液をきれいにする成分をご紹介!予防・改善にも役立ちます!
高血圧予防・改善のためには、血液の浄化も欠かせません。ここでは血液をきれいにしてくれる成分をご紹介しています。
高血圧を予防するために必要なことは?なにをすれば効果的?
高血圧を予防するに、普段の生活の中で取り組めることをご紹介します。日常生活に取り入れて健康になりましょう。